不動産売却時にかかる税金

1.長期譲渡所得と短期譲渡所得

面倒ですが土地建物の譲渡所得は、長期譲渡所得と短期譲渡所得に分類され、税額もそれぞれに分けて計算されます。
大雑把に言って、長期譲渡所得:所有期間が5年を超えるもの。 短期譲渡所得:所有期間が5年以下のものとなります。
譲渡所得に損失が生じた場合は、その損失額を控除することはできます。

2.譲渡所得と税額の計算

以下の算式によって求められます。
譲渡所得の計算
課税譲渡所得金額=譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-特別控除 長期譲渡所得の税額の計算
税額=課税長期譲渡所得金額×税率20%(所得税15%、住民税5%) 短期譲渡所得の税額の計算
税額=課税短期譲渡所得金額×税率39%(所得税30%、住民税9%)
※平成25年から平成49年までの税額については、算出された所得税を課税標準として復興特別所得税2.1%分が加算されます。

取得費と譲渡費用

取得費とは、譲渡した土地や建物などの資産の取得に要した費用です。

譲渡費用は、土地建物を売却するために要した費用で、売却のための仲介手数料や登録免許税とその費用です。

3.特別控除の特例

土地建物を売却した場合、譲渡所得の計算上差し引かれる特別控除の特例があります。
 

詳しくは弊社営業マン、弊社提携のファイナンシャルプランナーにご相談ください。