家を買い換える場合には

今の家を買い換えるときに絶対に見落としてはいけないこと

絶対にゆずれない物件探しの王道は「本当に気に入った物件を買う」ということです。
ですが、今の家を手放すことも考慮しないといけません。家を売るときと買うときの間には必ず時間差が発生してしまいます。その間の大切なご家族の皆様、それぞれの生活も見落としてはいけません。


そこで、買い換えをするときに気を付けたい3つのポイント

1.たとえ時間がかかっても、本当に気に入った物件を買うこと(もちろん現実を見据えた妥協は必要です)。

2.売りを先行した場合には、あらかじめ数か月~1年の仮住まいを覚悟すること。もちろん今の生活を維持しながらの家探しをする覚悟が必要です。

3.買いを先行した場合は、今の家の売却価格が低くなることを覚悟するか、もしくは申し込んだ物件を解約することも視野に入れること。両立するのは真に困難です。

上記の3点をしっかり胸に刻んで、理想のマイホームを探しましょう。
弊社も出来る限りのお手伝いをいたします。おまかせください。